人気ブログランキング |

タグ:花見 ( 4 ) タグの人気記事

さくら日和

d0304870_1643336.jpg

日本列島を桜前線が走り出した。この季節、誰もが気もそぞろ。
どうして日本人はこう桜が好きなんだろうと思うのだが、私も桜は大好き。
昔から桜は国花・花王と呼ばれ、花といえば桜を指してきた。
辞書を引いても桜の項目は分量が多い。言葉や生き物・食べ物の名前にも桜が使われてきた。
そして、散りぎわの潔さから国家の政策にも利用され、国民は痛い目にあった。
平和といわれる今の時代にも、そんな残滓が未だ残っているように思える。
企業や集団の花見の宴でも、全体のために一人ひとりの姿がなくなってゆくようなシーンを見ることもしばしばだ。
桜をめぐる情景は美しくも複雑だ。
まあ固いことを云うのはやめよう。せっかくの花見酒が不味くなるといけないから。
by photofujii | 2017-03-31 16:07 | 1970年代~80年代 | Comments(0)

花見の支度

d0304870_15323671.jpg

週末の天気が心配だったので、早めに花見に行ってきた。
テレビでは満開と云っていたが、隅田公園はまだ六分咲きというところ、墨堤は静かだった。
お蔭で満開のドンチャン騒ぎのなかでは気がつかないようなものが、色々と目にはいった。
ともかく仮設トイレの多さには驚いた。しかも至る所にあるし、男女兼用が多い。
満開の桜の下で大いに飲み大いに食べる、女性たちの元気で楽しげな姿が目に浮かぶ。
新社会人たちの人生も花吹雪のなかでのスタート。
地元もてぐすね引いて待ってます。くれぐれも暴飲暴食にご用心のほど。
落花狼藉を桜の花は見ています。
d0304870_1533386.jpg

by photofujii | 2016-04-02 15:35 | 2016年 | Comments(0)

桜咲く上野の山

今年も花便りだ。環境破壊だ温暖化だといっても、花や木は健気に
毎年しっかり咲いてくれる。人間が悪さをしても動物や植物はじっと我慢だ。
今年の花見は、外国からドッと観光客が押し寄せて大騒ぎになるという予想もある。
私も花見の名所にはあちこち行っている。松山・京都・高遠・秩父・会津・弘前・松前
こんな所を思い出すが、どこもその土地の雰囲気を色濃く残して忘れられない。
我がふるさと上野の山もバブル前までは穏やかな花見が出来たが、
バブルの時代になると雰囲気がガラッと変わってしまった。
長屋の花見とまでは云わないが、それまで少人数で慎ましくやっていたものが、
旅の恥は掻き捨てとばかりに、裸で飛び回るは一升ビンのラッパ飲みはするわ、
煙もうもうのドンチャン騒ぎ。
時代の気分や空気を知るには、上野の花見が一番わかりやすいと思ったほどだ。
さて、今年もどうなることか。
1 バブルの前
d0304870_18273350.jpg

2 バブル時代
d0304870_18292526.jpg

by photofujii | 2015-03-28 18:31 | 2015年 | Comments(0)

花は上野

今年の都心の桜はあっという間に満開となり、疾風のように去っていった。
そんな気がする。
子供の頃から、上野の山は私の遊び場だった。
動物園やドングリ拾いの行き帰り、今まで
どれだけ満開の桜を見たことだろう。
だから、私にとっての花見は上野の山。

考えてみると花見客の姿は、その時代の社会の有り様、雰囲気を良く現していると思う。
まだまだ世の中が穏やかだった頃、バブル絶頂期、バブルが終わった宴の後、
そして、東北大震災の春と、おどろくほど写真は雄弁にそれを語っているのに気がついた。
そして、今年の上野の山では。
d0304870_22162144.jpg

30年前
d0304870_22165991.jpg

バブル絶頂期
d0304870_22173739.jpg

バブルが終わって
d0304870_2218763.jpg

東北大震災の年
d0304870_22185336.jpg

by photofujii | 2013-03-24 18:24 | Comments(2)