人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<欲望の時代>1991年 新宿区

d0304870_22273706.jpg

新しい元号に変わる。世紀末のような雰囲気でもある。

世間の噂では、昭和は懐かしい良き時代、平成は戦争のなかった平和な時代となっているが果たしてそうか。

平成に入って社会の分断が強まり、持てる者・持てない者、教育を受けられる者・受けられない者等々、

金絡みでしか解決できない望みごとが多くなった。

ギスギスしてタガの外れた社会でもある。

これは何も平成に入って急にそうなった訳ではない。

昭和の時代に溜まったバブルの下地が、平成に入って伏流水のように一気に噴き出したものだ。

元号が変わる新しい時代に、このスパイラルの渦から我々は抜け出せるか。


by photofujii | 2019-03-30 22:28 | 1990年代 | Comments(0)

<村社会>1990年頃 新宿区

d0304870_19461638.jpg

我が家の近くに高校がある。この季節になると合格発表があり、悲喜こもごもの姿を見る。

卒業する若者は、夢と希望いっぱいで社会に飛び立つ。だが迎え入れる社会は、大半が肩書きと学歴の村社会。

職種や収入・地位の評価が、やがて生き甲斐になってゆく。

後で考えてみれば笑えるような事でも、その時は深刻で重大な事に思えたりする。

腕一本で生き抜く実力社会が理想だが、さて日本の現状はいかが。


by photofujii | 2019-03-25 19:47 | 1990年代 | Comments(0)

<24時間営業>1985年 台東区

d0304870_17003481.jpg

生活や働き方改革の一環として、コンビニや飲食店の24時間営業・深夜営業の賛否が問われている。

年代によって意見も大きく違う。年寄りはせいぜい真夜中は徘徊するだけだから、店の営業なんか関係ない。

私の若い頃、深夜・明け方営業は飲み屋と立ち食いそば。さんざん飲んだ後の立ち食いそばはたまらなく旨かった。

それから始発に乗って家路、懐かしく思い出す。

ま、自分のくだらない思い出話しに浸る前に、深夜労働の現実と苛酷な情況を想像する方が先だ。


by photofujii | 2019-03-20 17:02 | 1970年代~80年代 | Comments(0)

<うまい話し>2019年 豊島区

d0304870_17542072.jpg

スマホを使って簡単に稼げるという、うまい話しに引っ掛かるトラブルをよく聞く。

私の若い頃、楽して儲かる仕事なんかない、真っ当に汗して働けと云われたものだ。

今は副業が当たり前の時代でもあるし、金儲けの話しには事欠かない。

政治も官僚も平気で嘘をついて平然としている。詐欺師が主役の社会になってきた。


by photofujii | 2019-03-15 17:55 | 2019年代 | Comments(0)

<医療費の申告>

d0304870_15582607.jpg

190311「医療費の申告」2019年 中野区

仕事をしていた頃は、毎年早目の混雑しない時期に税金の申告をしていた。

その必要もなくなったので、今年はギリギリで申告に行って驚いた。

税務署の外で100人以上の行列、その8割が老人で申告を済ますまで1時間も立って待った。

周りの話を聞いていると、殆どが医療費の還付金の話題。

なかには両手で2本の杖を突いてようやく来たり、若い人に抱えられて並ぶ老人もいた。

改めて、今の老人環境や生活の縮図を見たように思えた。


by photofujii | 2019-03-11 15:59 | 2019年代 | Comments(0)

<団地族>2019年 亀戸

d0304870_16113901.jpg

亀戸を歩いていると、古い都営アパートの団地があった。よく手入れされレトロな独特の雰囲気が懐かしかった。

同じような外観の都営アパートは、私の知る限りでも青山と恵比寿にあったように記憶している。

戦後の復興期、新しい時代を象徴するように、郊外や私鉄沿線に集団住宅いわゆる「団地」が続々と建設された。

そこに住む主に新婚の若い感覚の家族を「団地族」と呼んだ。

今と比べれば部屋も狭く、大きな家具も置けなかったので「団地サイズ」という言葉まで生まれた。

豪華な高層マンションブームの今、

嘗ての団地族と今の高層マンション族との生活満足度に、どれほどの違いがあるのかなと思った。


by photofujii | 2019-03-04 16:12 | 2019年代 | Comments(0)