人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<セクハラ>1990年 港区

d0304870_21080905.jpg

人類が生まれた時からセクハラはあったのだろうか。

今、世界中がセクハラで大騒ぎ。私も80年近く男をやってきたのでデカイツラは出来ない。

ハラスメントとは力関係による嫌がらせのことだが、暇だから余計なことを考えるのか。

本気で仕事をやっていれば、そんな余計なことをしている時間なんかない筈だ。

このスナップは居酒屋の立ち飲み風景だが、仕事帰りの男たちが雑談で一息つきながらパッと飲んでサッと帰る。

女性の姿はまったく見えない。

仕事と酒は付きものだが、今の時代男の精神衛生の弱さだけが際立つ。


by photofujii | 2018-04-27 21:09 | 1990年代 | Comments(0)

<平均寿命>1960年 台東区

d0304870_17483305.jpg

国の市区町村別の平均寿命が発表された。

そこには地域の経済や労働・風土特性まで想像できるデータが含まれている。

このデータからは短命の地域でさえ、私から見れば充分に長生きと思える。

此の頃は国民の健康志向からか、何でも数値で発表される。健康寿命だ介護支援だと何でも数字で線引きだ。

人生の最後は、数字に追いかけられずに生きたいものだ。


by photofujii | 2018-04-22 17:50 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<制服>2008年 台東区

d0304870_15375120.jpg

180417「制服」2008年 台東区

今年の春は、学校の制服の話題が多くあった。

中学ではジェンダーレス制服の採用、これは当事者にとっては切実な問題なので良かったと思う。

笑ってしまったのは、銀座の小学校の制服騒動だ。高級イタリアブランドを新一年生が着るという。

笑えないのは、およそ教育の質とは関係ないところで騒がれ、校長が記者会見までしていた。

銀座という日本一の街のプライドということらしい。教育の場をパフォーマンスの舞台と勘違いしているのか。

学校をハンドバッグやファッションブランドと同じと思っているらしい。

今、一年生はその制服で通学しているのだろうか。


by photofujii | 2018-04-17 15:39 | 2000年代 | Comments(0)

<都会の墓標>2005年 新宿

d0304870_17442422.jpg

作家の石牟礼道子さんが亡くなって2ヶ月が経った。

石牟礼さんの文章の美しさや、的を射た言葉の鋭さにいつも驚かされた。

そのなかの言葉のひとつで、水俣病の患者さんたちと東京に抗議運動に来た時、

高層ビルが林立する都心の風景を見て、都会にそびえる高層ビルは墓石に見えると表現していた。

つまり私たちは毎日毎夜墓場のなかで生活し、墓場の中を目的もなくうろついているということか。

実感として私もそう思う。


by photofujii | 2018-04-12 17:45 | 2000年代 | Comments(0)

<頑固おやじ>1996年 台東区

d0304870_17494943.jpg

180407「頑固おやじ」1996年 台東区

昔はどこの商店街にも頑固でお人好しで世話好き、おまけに口煩い名物おやじがいたものだ。

こんな商店街は明るく活気もあり客は近隣の住民、スキンシップで繁盛していた。

今はシャッター商店街も多く、逆に観光地になってしまったような有名商店街も出現した。

街も店も激しく変化して止まることを知らない。


by photofujii | 2018-04-07 17:50 | 1990年代 | Comments(0)

<お山の大将>1990年 上野

d0304870_18432557.jpg

このところ政治や官僚と対抗するように企業の不祥事も続く。

会社でいえば、お山の大将は社長だ。

テレビのニュースを見ていると、会見の場に社長一人では絶対に現れない、定番は3人だ。

この前見ていたら5人で出てきたのには驚いた。

社長が不祥事の総てを把握・理解しているわけでもないから担当者が同席するのだろうが、

それにしても5人は多い。人数を多くすれば、それだけ責任も分散されるのか。

少し前に流行った「赤信号みんなで渡れば恐くない」を思い出した。


by photofujii | 2018-04-02 18:44 | 1990年代 | Comments(0)