<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「家路へ」1964年 丸の内

d0304870_17071065.jpg

いよいよ今年も終わり、それぞれの新しい年が待っている。

仕事納めもそこそこに、皆さんふるさとへの汽車の中か。それとも旅の空か。

私は寝正月。例によって一年の計をたてるのだが、守れるのはせいぜい3日まで。

毎年のことだが。


[PR]
by photofujii | 2017-12-30 17:08 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

「白い割烹着」2003年 台東区

d0304870_16142134.jpg

師走に入る頃から、町場のおかみさん達の動きが活発になり、白い割烹着姿が活き活きとしてくる。

店のお客さんの対応から家事まで、割烹着ひとつで通す。

だから白い割烹着は、下町のおかみさんの正装であり労働服でもあった。

昔の主婦の話しだが。


[PR]
by photofujii | 2017-12-25 16:15 | 2000年代 | Comments(0)

「師走の町」1998年 浅草

d0304870_15492395.jpg

以前は12月に入る頃から、下町では大小様々な市が立った。生活用品の屋台店も多く便利だった。

今はスーパーもコンビニも正月から店を開けているから、露店の市は少なくなった。

それでも夜店で老人がテキパキと切り盛りする姿は、懐かしく忘れ難い思い出だ。


[PR]
by photofujii | 2017-12-20 15:50 | 1990年代 | Comments(0)

「キレる師走」1961年12月 銀座通り

d0304870_19432478.jpg

しばらく振りに銀座大通りを歩いてきた。

毎年のことだが、12月に入ると気のせいか人の動きが急に殺気立ってくるような気がする。

町なかで争い事をよく目にする。先日も地下鉄のホームで客同士の殴り合いを駅員が必死に止めていた。

スーパーのレジで高齢の男性客がキレて店員を怒鳴っている姿もよく目にする。

理不尽なクレームも多いらしい。誰もが生き難い時代だ。

客だから店員だからというより、お互いの心の持ちようでトラブルの多くは避けられる。

私も心したい。


[PR]
by photofujii | 2017-12-16 19:44 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

「居酒屋の椅子」2007年 葛飾区

d0304870_20280773.jpg

世の中なんでも気が早くなっている。12月に入ると全国的にクリスマス年末年始ムードだ。

忘年会も真っ盛り、我が家の男たちも連日の飲み会だ。

オフィシャルの一次会よりも、二次会三次会の方が下世話で面白い。

その思いが出るのが赤提灯の居酒屋での椅子の座り方だ。今年一年の思いがその形によく出ている。

これ私自身の実感でもあります。


[PR]
by photofujii | 2017-12-11 20:29 | 2000年代 | Comments(2)

「元気な町」2012年葛飾区

d0304870_18030260.jpg

夕暮れがどんどん早くなるこの季節、下町を歩くのが毎年の楽しみだ。

日が落ちても未だ昼間の生活の余韻が残り、明るい商店街には塾通いの子や剣道着の子供の姿もある。

裏通りのボクシングジムからも明るい光が洩れて、若者たちが懸命にスパーリングをしている。

町を包み込むような熱気、こういう町が好きだ。


[PR]
by photofujii | 2017-12-05 18:04 | 2000年代 | Comments(0)