<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新幹線がなかった頃

d0304870_15482157.jpg

ふるさとへ帰る人の波がピークを向かえ、ターミナル駅の混雑は昔も今も変わらない。
それでも帰省風景は時代と共に変わってきた。
特に雪国に帰る夜行列車の始発駅だった上野駅では、大いに変わった。
このスナップショットは、60年前の上野駅構内で夜行列車を待つ人の風景だが、
構内だけでは足りず駅前広場まで溢れた乗客が、何時間も並んで待ちながら焚き火やコップ酒で暖をとっていた。
新幹線が走る今、上野駅でも当然こういう風景はない。
次から次へと来る新幹線に乗って、帰省客は整然と帰ってゆく。その分、遠かったふるさとが近くなったわけだ。
今年は年末まで大きな災害があり、重い気持ちでふるさとへ向かう人も多いだろう。
新しい年に期待しよう。
[PR]
by photofujii | 2016-12-30 15:51 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

年末の公設市場

d0304870_1723325.jpg

最近まで地方の賑やかな商店街にゆくと、「公設市場」という懐かしい看板を見掛けた。
公設市場は戦後、東京をはじめ全国に出来て、特に下町に多かった。
市場は公的な機関や自治体が設立し、日用品や食料品を安心価格で販売し、近所の商店街とも仲良くやっていた。
年の暮れになると、正月の準備をするおかみさん達の熱気でムンムン。市場と商店街は共存共栄。
楽しみの少なかった時代、大人も子供も正月が待ち遠しくてしかたがなかった。
このスナップショットは60年前の暮れの市場風景だ。
何かが遠くに行ってしまったような気がする。
[PR]
by photofujii | 2016-12-23 17:25 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

クリスマスが一番だった

d0304870_15475184.jpg

戦後、我々が憧れたアメリカ文化、その象徴がクリスマスの甘い雰囲気だった。
当時のサラリーマンお父さん達は、大阪のくいだおれ人形のような格好をして飲んだくれ、
夜の銀座通りではしゃいでいた。
それが世間からひんしゅくをかい、その頃から家族中心で楽しむケーキのクリスマスが定着。
そして今年、町を歩いてもジングルベルは余り聞こえてこない。
舶来の祭りが好きな日本人は、商魂に煽られたハロウィーンやバレンタインデーの方へどんどん人気が移動する。
このスナップショットは、57年前の銀座のクリスマスイブの風景だ。
子供を抱っこしたお父さん、きもの姿でケーキの箱を持った女性もいる。
皆んな場馴れしていない妙な雰囲気。でも穏やかにイブの夜を楽しんでいるのがよくわかる。
誰もが生きる希望を持つことができた時代だった。
[PR]
by photofujii | 2016-12-17 15:50 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

子沢山の時代

d0304870_1555578.jpg

日本は今、少子化だ人口減だと騒いでいる。
しかし、戦後しばらくはどこに行っても子供が多かった。
特に下町は悪ガキが多く、路地にも公園にもうじゃうじゃ。
冬休みになると遊ぶ場所の確保にもひと苦労、グループ間で小競り合い。
それでも子供同士の暗黙のルールがあり、いつもの仲間ばかりでなく知らないグループとも暗くなるまで夢中で遊んだ。
親は生活に忙しく世の中も安全だったから、なんの干渉もされずに子供たちは心ゆくまで遊び惚けていた。
その中で自然と社会生活での人間関係や間合いを身につけ、大人になっていった。
大した学歴がなくとも真っ当に働きさえすれば、堂々と生きてゆける生活の知恵だけは皆持てた。
その60年前の時代から、今どれだけ生き易い社会になっただろうか。
[PR]
by photofujii | 2016-12-10 16:02 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

バーゲンセールの猛者たち

d0304870_1714351.jpg

今年も歳末大売り出し・バーゲンの季節になった。最近では、デパートでも新春の福袋の方がなにかと話題になる。
それでも、どんな時代になっても年末の大売り出しは町の楽しい風景だし、商店街の夜の明るい店先はなにか心が温まる。
戦後直ぐの我々が若かった時代、大売り出しの売り場は今とはちょっと違い、真剣勝負で殺気だっていた。
少しでも安くて良い物を家族や子供にと、お母さんたちは汗だくで戦っていた。
一枚のセーターを二人で取り合い2つに裂けてしまったとか怪我をしたとか、笑えない話しまであった。
貧しかった時代ではあったが、物の豊かになった今の時代でも、
年の暮れを迎える人の心は、そんなに変わっていないのではないか。
[PR]
by photofujii | 2016-12-02 17:16 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)