<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

気になること

d0304870_16245456.jpg

年を取ると、今までなんでもなかったことが妙に気になってきたり、又その反対のこともある。
子供の頃から私の気持ちをホッとさせてくれる場所だった隅田川の吾妻橋上の風景が、このごろ私の気持ちを落ち着かせてくれない。
高く広かった空はもう望むべくもないし、周りはニョキニョキと高い建物やケバイ色が林立している。
陽を浴びて反射する強い色や光、絶え間ない騒音。静かだった吾妻橋は今や喧騒の巷。
考えてみると、日常生活に欠かせない便利な家電製品、工事や建築の現場、ジェットエンジンからパトカーのサイレンまで
騒音の元は多種多様。町を歩いても建物の壁面や看板まで、蛍光色のようなドギツイ色が多い。
気に障ることの多い現代である。
[PR]
by photofujii | 2016-10-29 16:29 | 2016年 | Comments(0)

ランドマーク

d0304870_1724552.jpg

浅草花やしきのタワーが消えた。50年以上も前から私には見慣れた日常風景だった。
浅草寺の境内から見えるタワーの姿はいつもの風景で、別段気にもとめず通り過ぎていた。
ところがなくなってみるとその風景が妙に白々しく、初めての場所を歩いているような居心地の悪い気がした。
どこの土地でも、そこに住む人にとって一人ひとりのランドマークがあると思う。
なにも立派な建造物やタワーばかりでなく、山や河もある。
ふるさとの景色にランドマークが重なれば、そこにはきっと幸せな情景が思い浮かぶだろう。
d0304870_1725030.jpg

[PR]
by photofujii | 2016-10-21 17:27 | 2016年 | Comments(0)

吾妻橋からの眺め

d0304870_16222120.jpg

我が家から浅草公園や仲見世を通り過ぎて一直線に歩くと、ものの10分で隅田川に架かる吾妻橋の上に出る。
一人歩きが好きだった私は、小学生の頃からよくこの橋の上で欄干に寄り掛かり、
広い空や流れる川面・上り下りの荷船を眺めるのが好きだった。
だからその頃、隅田川に架かる橋は吾妻橋だけぐらいにしか思っていなかった。
今でも橋の上に長い間佇んでいることがある。
もう50年以上前にこの場所で撮った水上バスの乗り場と船のプリントが残っている。
先日も同じ場所から水上バスを撮ってみた。
写真を比べてみると、まるで違った場所のようなまったく変わってないような妙な気分になった。
50年も経って又、同じ場所にカメラを持って佇む自分がなにか不思議な生き物に思えてきた。
d0304870_16225145.jpg

[PR]
by photofujii | 2016-10-15 16:24 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

生き残る知恵

d0304870_16313245.jpg

浅草の町は、爆買い客が下火になった今でも外国人観光客には人気だ。
平日でも世界中の人が歩いている。
色々な国の言葉が聞こえ、時には日本語のない瞬間さえある。
しかし儲かるのはごく一部の商店で、中心部からちょっと外れたり路地にある店はなかなか恩恵がない。
そこで外国人客を呼び込もうと、店も色々と知恵を絞っている。
先日も路地を歩いていると、英語のメニューを大きくショーウィンドーに出している古い食堂があった。
気をつけて歩いて見ると、涙ぐましい努力をしている店が多い。
なるほど下町らしい工夫をしていて思わずニッコリとさせられ、
お店の繁盛を心から祈りますという気分にさせられる。
[PR]
by photofujii | 2016-10-08 16:35 | 2016年 | Comments(0)

デパチカ・デパオク

d0304870_16505425.jpg

都内のデパートは、地下鉄の改札口を出ると直ぐに地下の食品売り場に入れる店が多い。
先日も何気なく地下売り場に入って驚いた。週末ではあったが凄い込み方で、さすがデパチカ。
それで思い出したのだが、我々の小学生時代もデパチカは人気だった。
放課後いつもの仲間が全員集合、歩いて直ぐのデパートに向かい地下の食品売り場でさんざんお菓子の味見、おやつに飽きると屋上の遊園地で夕方まで目いっぱい楽しんだ。
その頃のデパチカ・デパオクは下町のジャリの天国だったし、
広い表通りも路地裏も思いのままの遊び場だった。
まだ貧しかった時代の楽しい思い出だ。
先日も長く続いた下町のこども遊園地が閉園した。
子供のオアシスがどんどん消えてゆく。
その分、今の子供たちの思い出もどんどん少なくなってゆく。
[PR]
by photofujii | 2016-10-01 16:54 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)