<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

麻布は坂の町

坂道が好きだ。もともと岬巡りの道が好きだった。北から南まで日本の海沿いの道を良く歩いた。
海を眼下に見ながらぐるっと歩いて岬の先まで来ると、絶景の向こうに又道が続く。
その道の向こうに何があるのだろうと、また歩きだす。期待で胸がワクワクするような楽しさだ。
坂道もこれと同じだ。じっと道を見上げる。
上った坂の上にどんな町があるのだろう、どんな人が住んでいるのだろう。
ワクワクしながらの上り坂、そして下り坂と楽しさは尽きない。
東京は江戸の昔から水の都と云われてきたが、坂の町でもあった。
麻布・本郷・谷中・九段・白金・高輪・愛宕といくらでも坂の町があった。
その坂の上から見る山河の絶景は、浮世絵にもある通りだ。
そのなかの幾つの風景が、今も残っているのか。
1
d0304870_20355636.jpg

2
d0304870_20363746.jpg

3
d0304870_20371662.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-09-23 20:39 | 2015年 | Comments(0)

開発と解体

オリンピック景気に乗るように、このところ住宅やマンションの販売広告が目につく。
23区の西に位置する我が家の周りも例外ではない。
2・3週間歩かないでいると、びっくりするほど変わってしまった景色が目に飛び込んでくる。
わずかに残っていた農地や古くからの広い家が壊されて、そこにびっしりと何軒もの新築住宅が建っている。
この頃は、どこに行っても空き家を目にする。
次の世代が家を継いでも、古くて広い家ほど若い人たちには住みにくいのだろう。
かくして誰も住まなくなった家は解体され、そこに新築の住宅群がぎっしりと出来上がる。
そして、老人ばかりの古い町に若い家族が仲間入りして、子供たちのあかるい声も聞こえるようになる。
これからますます空き家が増え、今まで一軒家だった広い敷地に何軒もの家が建ち、新しい人が移って来る。
こうして、都会は絶えず世代交代をしてゆくのだろう。
1
d0304870_15311179.jpg

2
d0304870_15314120.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-09-16 15:34 | 2015年 | Comments(0)

スイカとバナナ

夏が終わる頃になると、いつでも思い出すことがある。それは60年も前のスイカとバナナにまつわる思い出だ。
戦後すぐのろくに食べ物もない時代に私は育ち盛りだった。痩せこけた体で遊びまわり、いつも腹を空かせていた。
だから味わいながら物を食べた記憶がない。
初めて配給になったザラメの砂糖を舐めた時、世の中にこんな甘いものがあったのかとびっくりした。
あの時の舌触りは今でも覚えている。
徐々に色々な食料が出回ってきても、我が家には縁がなかった。
スイカを初めて貰った時、食べるのが惜しくて一週間も我慢して毎日ただ見とれていた。
意を決して包丁を入れると同時に、真っ赤な汁がどっと流れ出た。熟しすぎて中には何も残っていなかった。
その時の落胆・悲しみは今でも忘れることがない。
そしてバナナ。初めて近所の果物屋の店頭に並んだとき、祖母が汗をかきながら買ってきてくれた。
香しい甘さと輝くようなあの色艶。世界にはこんな物まであるのかと、ただただ感激と驚きばかりだった。
もちろん今でも大好き。バナナは果物の王様だと確信している。
昔は果物のことを「水菓子」と言った。震えるような美しい言葉だ。
スイカもバナナも人気は下がったが、私にとってはいつでも特別な果物だ。
日本も私も貧しかった時代の、今は昔の物語りである。お粗末な話しで失礼いたします。
1
d0304870_22285888.jpg

2
d0304870_22293867.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-09-09 22:31 | 2015年 | Comments(0)

久し振りの市民パワー

150902「久し振りの市民パワー」
8月30日、国会周辺での安保法案反対の抗議集会にいってきた。
日比谷交差点からもう多くの人出だったので予想はしたが、議事堂が見える所まで来て驚いた。
予想以上に多くの人が議事堂を取り囲んでいた。近年にない人の数だった。
一瞬、60年安保の光景を思い出した。
当時、私も学生で国会前には何度も行ったし、そこで夜を明かしたこともあった。
今とは社会状況も違い、あの頃はまだ敗戦の色を引きずってもいた。
仕事帰りのサラリーマン・市民、そして炊き出しの女性たちが「おにぎり」まで配ったのだが、
やはりデモの中心は労働組合と学生で、警備の側と先鋭化して多くの負傷者や死者まで出た。
あれから50年以上たち、世の中変わったのだから比較は出来ない。
今回の抗議行動では、国会前の車道も開放し事前に混乱を回避した。警備側もソフトになったと思う。
主催者側と警察側とで発表された動員数はいつもの通り差はあるが、それでも大動員だったことは確かだ。
北海道から沖縄まで、普通の市民が自発的に集まったのだ。
久し振りに、眠りから覚めた日本人の姿を見た思いがした。
1
d0304870_1704299.jpg

2
d0304870_1711488.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-09-02 17:03 | 2015年 | Comments(0)