<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自販機の無気味

私が自販機を利用することはほとんどない。
どこに行っても歩きながら水分補給している人の姿が目立つし、自販機が氾濫している。
国内に今、自販機は250万台近くあるという。目に付くはずだ。
最近は自販機同士の値引き競争も激しい。
自販機が流行り出した頃は、エーこんなものまで売るのというのがあったし、
お金を入れても、何が出てくるのかわからないようなものまであった。
最近は飲料系の販売機がほとんどだが、変なのも時々ある。
町にはもう置く場所もないように思える。
だから、どうしてこんな所にまであるのという場所にまである。
設置関係者の努力と忍耐が目に浮かぶのだが。
町なかで圧倒されるような数の自販機を見ると、
最早、不思議を通りこして無気味でさえある。
1
d0304870_15481242.jpg

2
d0304870_15485156.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-05-29 15:51 | 2015年 | Comments(0)

空中のオアシス

近頃、ショッピングセンターやデパートの屋上がリニューアルされて面白いという。
で、都内から近県までいくつか行ってみた。
なるほど工夫をして地域や町の性格に合わせ、見せ方や客の楽しみ方を考えている。
古くからの町にある地元の百貨店では、老人や子供中心。
新しい郊外のショッピングセンターでは、若い家族中心
そして都心のデパートの屋上では、昼休みのサラリーマンや仕事先にゆく営業マンが
ひと時休んでリフレッシュできる空間。
人や車が行き交う地上の喧騒のちょっと上、音もあまり聞こえない高層ビルの谷間。
ほっと出来て四季折々の花もある。
客寄せではあっても、深刻な毎日を生きる都会の人間にとっては
貴重なオアシスであることも確か。
そこに佇む人の姿を見ながら、ふと、そんなことを思った。
d0304870_15341724.jpg

2
d0304870_15351514.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-05-23 15:37 | 2015年 | Comments(0)

懐かしい祭りの風景

久し振りに神田明神の祭りに行ってきた。
遷座400年とかで派手な広告・宣伝をしていたわりには余り観光的な感じもなく、楽しかった。
そこで改めて思ったのだが、昔から変わらない町名の神輿や半被が多く、
とても懐かしかった。
神田は祭りの地域も広く、そのぶん町の数も多い。
私の目には、子供の頃からの古い町名が次々と飛び込んできて、なんとも嬉しかった。
もちろん深川の冨岡八幡も浅草三社も、下町の祭りは皆そうだ。
これが新しく変わった現在の住所表示では、味も素っ気も無い役所ご用達の祭りのようで、気分が全然盛り上がらない。
昔からの古い町名は、ご近所同士の日頃からの付き合いにも気持ちの上で
大いに役立っているようだ。
この日の私は、懐かしい町名から若かった日の遠い出来事を思い出すこと
しきりでありました。
1
d0304870_18325063.jpg

2
d0304870_18332951.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-05-16 18:35 | 2015年 | Comments(0)

基地の町の空は

そよ風と青い空に誘われて、東京の西郊を歩いてきた。
久し振りに、心地よい汗をかきながらゆっくりと歩いた。そして驚いた。
私が歩いた2日間共、米軍と自衛隊の飛行機が頭上を何度も飛んでいった。
考えてみれば福生には米軍横田基地、狭山には自衛隊入間基地がある。
見ていると、離着陸の前後に大きく旋回するので、離れている所でも頭上を
飛ぶことになる。それに音も相当なものだ。
私の住む23区の西の地域でも、おそらくこれ等の基地からの戦闘機や輸送機・
ヘリコプターが毎日屋根の上を通る。音が気になる時もある。
先日、このふたつの基地の間にある所沢市の公立の学校に、
騒音防止のため教室にクーラーを入れるかどうかで、住民投票があった。
基地の町に生活する人が、そこで何年暮らしたからといって、
あの強烈なエンジン音に馴れるわけもない。
1
d0304870_12345329.jpg

2
d0304870_12353389.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-05-07 12:37 | 2015年 | Comments(1)

木賃アパートとワンルームマンション

入学式や入社式も済んで、元気な新人が輝く季節。
もう50年も前の記憶だが、我々の学生時代、地方出身者は間借り生活が当たり前。
今はほとんど聞かない「下宿」という言葉が普通に使われていた。
東京生まれの私は残念ながら下宿も出来ず、ひとり暮らしの友人が羨ましかった。
まだ貧しかった当時、学生は食事付き・バストイレなしの下宿・貸間、
良くても狭くて古いアパートというところ。友達の部屋にとまっても騒げなかった。
今、大学のある周辺では、学生や新社会人向けのワンルームマンションが
続々と建っている。特に新設校のまわりはワンルームのブームだ。
その分、古い家はどんどん壊されてゆく。
ワンルームの家賃も結構な値段が多いし、諸物価高騰の折、生活費も大変だ。
で、経済的に厳しい学生はブラックバイトでもガマン。
親は共稼ぎでガンバル。
1
d0304870_16245863.jpg

2
d0304870_1625382.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-05-02 16:27 | 2015年 | Comments(0)