<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

無人の家

今年の社会調査では820万戸、総住宅個数の13・5パーセントが空き家だ。
過去最高だというが、この高い数字には驚いた。
原因は色々と想像出来るが、若者の都市流出で限界集落という言葉もあるように、
地方の多くは老人だけの生活。
日常生活が無理になると高齢者施設への入所、家は無人になる。
空き家が20パーセント以上という県もある。
都会でも見るからに空き家という住宅も目に付き、
事情もあって荒れるがままに放置された家も多い。
商店街や住宅街の中にポツンと壊れたままの家があったりすると、
その周辺は暗い風景になる。
今まで人の住んでいた家が無人になると、急速にその外観も表情を変える。
これは不思議なものだ。
家というものは、人の生活があればご近所までも明るくなり、
ザシキワラシも帰って来たくなるものだ。
d0304870_1753080.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-10-31 17:07 | Comments(0)

働く姿

残業代ゼロや成果主義をめぐって、国と労働側が論争をしている。
牛丼チェーンでは、一人で長時間働く過酷なワンオペが問題になった。
多くの労働の場で、正社員と非正規との格差が拡がり、
違法な労働環境が常態化している。
アメリカでもファストフードの従業員が、最低賃金の引き上げを要求。
デモで多くの逮捕者を出した。
企業はブラック化しても生き残りたいし、働く方も生活の為、
生きる為の我慢だ。
先日も、飛行中にもパソコンが使えるようになったとのニュースで、
飛行機の中でも仕事ができるのは有難いと、ビジネスマンが云っていた。
果たして本心なのだろうか。
私の若い頃は、飛行機や汽車の中は休息時間だと思っていたし、
最低限の生活は守れる雇用制度が未だ残っていた。
現在では甘くて遠い昔の話しだ。
今は、24時間臨戦態勢が当たり前なのだろうが、
それでは体ばかりか人格までも崩れてしまう。
50年前の丸の内風景
d0304870_21112195.jpg

2014年駅の風景
d0304870_21163195.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-10-23 21:20 | Comments(0)

ギャンブル依存

国の調査によると、日本の男は世界でも勝負ごと博打が特に好きらしい。
外国の調査でも日本人は突出している。
ギャンブルに手を出す気持ちを抑えられないギャンブル依存症「病的賭博」の
疑いがある日本人は、推計500万人以上いるという。
日常生活の周辺を見れば、競輪・競馬・競艇・パチンコ・麻雀ナドナド。
私の周辺でも麻雀で負けが込み、家族を置いて行方不明というのが何人かいた。
これで公認のカジノリゾートが出来ればどうなることか。
私も賭け事は少々やったが勝ったことなし。
たとえ勝ったとしても、儲けた金は碌な事には使わない。
すぐにやめてしまったが、立派のことは云えない。
酒・タバコ・薬物からパソコン・スマホ・ゲーム機などの依存症も云われている。
考えてみれば投機・株・宝くじ・占いだって入れあげれば、なんでも依存症だ。
結婚だって人生の大博打。
いや、人生そのものがギャンブルとも云える。
1
d0304870_1018855.jpg

2
d0304870_10185331.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-10-17 10:22 | Comments(0)

公園で遊べない

毒蜘蛛は出る、蚊は飛んでくる。まるで魑魅魍魎が跋扈しているようで、
公園が危険地帯になってしまった。
どこの公園に行っても入口の扉は閉ざされ、蚊に注意の看板がある。
今や、ゆっくりと遊べる場ではない。
デング熱・エボラ出血熱・黄熱病とアフリカを中心とする熱帯地方の伝染病だったものが、
世界が狭くなり思いもよらぬ所で発生する。
これからも地球規模の環境変化で、様々な伝染病がどこで発生してもおかしくない。
暑い地方だ寒冷地だと常識はもう通用しなくなる。まるでスペイン風邪の再現のようだ。
人間の欲望が、入ってはいけない密林の奥地にまで開発を進め、
それによって多くの未知の微生物や病原菌が飛び出し、人が生活の場に持ち帰る。
人間は、神の領域にまで手を出してしまったのかも知れない。
1
d0304870_20311895.jpg

2
d0304870_20315116.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-10-10 20:34 | Comments(0)

秋の風・秋の雲

今年も自然災害に翻弄された。風と雲・雨の前に人間の無力をつくずく自覚させられる。
秋の気配が近ずいて、本来ならば一年で一番過ごしやすい季節だ。
でも今年はちょっと様相が違う。今も、山が怒っている。
先日歩いていると、「風」という文字を首の後ろに貼り付けた女性がいた。
この女性は「風」にどんな主張を見つけたのかなと思った。
家に帰り辞書を引くと、風も雲も良い意味での引用法は少ない。意外に思った。
私は、風にも雲にも良い印象が強い。爽やか・遥か・透明というイメージだ。
しかし、云われてみれば確かにマイナスイメージの熟語や使い方も多い。
先人は風や雲に対し、自然の一部として真剣に向き合って生きてきた。
大きな災害があると必ず、自然災害だいや人災だという話しになる。
その前に、人間が自然に対して誠実に向き合うことが大前提だ。
1
d0304870_15525387.jpg

2
d0304870_15534181.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-10-03 15:56 | Comments(0)