<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

富士山ブーム

世界文化遺産に登録され、今年は空前の富士登山ブーム。
30万人もの登山が見込まれ、宿泊やトイレの環境問題も大変だ。
入山制限や入山料と、話題も多い。
私も60年前、中学2年の時に山頂まで登った。
2日間かけてゆっくり登ったのだが、近頃は短時間・猛スピードで登る
神風登山というのがあるらしい。当世風ではある。
私は、冨士の名前がつくメーカーの宣伝部にいたので、
毎年、厳冬期は富士山の撮影が決まりだった。
湖を前に入れたり、周りの山から撮ったり、6000メートル以上の高度、
零下30度以下での空撮と、これは難行苦行だった。
お蔭で一時、富士山の名前を聞くだけでうんざりした。
その姿を見なくなって、久し振りに新幹線の車窓から富士山を眺めてハッとした。
なんと美しい姿なのだ富士山はと。
考えてみると、東京には冨士神社・浅間神社が各所にあり、
富士講・冨士塚もまだまだ多くある。
なにも雑踏の富士山に登らなくとも、身近にある冨士塚を4・5メートル登れば、
富士山頂に立つのと同じ気分になれ、ご利益もある。
私はそれで充分。
富士山と女性は、夜目・遠目・笠の内に限る。
1 十条富士神社、山開きの日。伝統行事を守る富士講のみなさん。
d0304870_16172697.jpg

2 賑わう縁日
d0304870_1619740.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-08-29 16:21 | Comments(0)

監視社会・監視の目

今更のことだが、書店やスーパーでの万引き被害が相当に深刻らしい。
先日も、盗まれた店が防犯カメラの画像を公開すると宣言。
テレビや新聞で大騒ぎしていた。
マスコミがこぞって連日騒ぎたてるようなものかとも思えるのだが。
店の方も、犯人捜しは最初からプロに任せておけば、
こんな大袈裟な話しにはならなかっただろう。
なんにでも興味を示して大騒ぎする現代の風潮が、わざわざ問題を複雑にしてゆく。
それにしても、町に出て監視カメラや防犯カメラの多さに驚く。
必要悪なのだろうが、間違いや人違いで人権問題も当然おきる。
夜道を歩いていても、ビルや人家から出し抜けにライトを浴びて、
自分の姿が浮かびあがってしまう。
24時間どこかで誰かに監視されているようで、良い気分ではない。
しかし、それを受け入れなくてはならない社会情況でもある。
そして、誰もが当たり前のように気にしなくなってゆく。
知らないうちに、我が家の寝室にまで監視の目が入っているかも知れない。
個人の秘密などない、近未来の社会の姿か。
1
d0304870_21483924.jpg

2
d0304870_21493552.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-08-23 21:53 | Comments(0)

高架下はラビリンス

この炎天下、懲りずに都心を歩いている。
頭がくらくらしてくれば、冷え切ったビルの中に逃げ込めばよいのだが、
文化生活に弱い私としては、あまり居心地のよい場所ではない。
こんな時に潜り込むのが、鉄道の高架下である。
アメ横から御徒町・神田・新橋へと山手線、最近では中央線・京浜東北線から
私鉄沿線まで、高架下は面白くて懐かしい所がいっぱいある。
先日も、有楽町のインターナショナルアーケイドに吸い込まれてしまった。
この辺は、子供の頃からうろついていた。久し振りに新橋側の出口まで歩いた。
思いもよらぬ店や会社の事務所があったりで楽しめた。
でも工事が目につき、いまの姿が何時まであるのかと心がチクリとした。
ひやっと涼しく、人通りもあまりなくシーンと静か。高架下は正に迷宮・迷路だ。
今の都会、表面上は益々明るく清潔になり、怪しげで楽しい場所がどんどん消えてゆく。
我々じいさん達が酔っ払ってベンチで寝ていたり、立小便でもしていると、
音もなくパトカーが横に止まっていたりする。
暗い夜道を歩いていても、民家の垣根越しにパッとライトが照らされる。
別段悪いこともしていないのに、なぜかドキッとする。
外に出ると気持ちが休まらない。歩きながら心がラビリンスになる。
1
d0304870_15572246.jpg

2
d0304870_1558375.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-08-16 15:58 | Comments(2)

米軍基地寸景

69回目の8・15が間もなくやってくる。
機密保護だ集団的自衛権だと今年は色々あった。
靖国神社の風景と雰囲気も、去年とは違ったものになるだろう。
私は、30年近く前から8月15日の靖国神社で場所と時間を決めて、
定点観測的な記録撮影をしている。
1年や2年ではハッキリわからなくとも永い年月で見ると、
そこに集まる人の顔や姿の違いは歴然としてくる。
丁度、日本社会の変化と二重写しになる。
ここ数年、東京周辺の米軍や自衛隊基地の町を歩くことが何度かあった。
オスプレイが姿を見せた横田基地・厚木基地そして入間基地などなど。
日本の基地と周辺の町が、
これ以上の危険や喧騒の地にならないことを祈るばかりだ。
軍の基地や町がフットライトを浴びるような時代は、断じていやだ。
1
d0304870_20282650.jpg

2
d0304870_2029185.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-08-08 20:31 | Comments(0)