カテゴリ:2017年( 11 )

「町の本屋さん」2017年・早稲田

d0304870_20253406.jpg

今年のノーベル文学賞を日系英国人が受賞し、日本でも大騒ぎになった。

それで思い出したのだが、書店ゼロの町が今どんどん増えている。

地方が多く、逆に大型店は増えているらしい。

買わずに立読みばかりして、店のおやじさんに睨まれたことを懐かしく思い出す。


[PR]
by photofujii | 2017-10-10 20:26 | 2017年 | Comments(0)

「新しい命」2017年9月

d0304870_16194974.jpg

     今この瞬間にも、次々と真っさらな命が誕生している。

     それにしても、大人の世界のなんと愚かな振る舞いの多いことか。

     新しい命の祝福に、我々は一体何を贈れるのか。


[PR]
by photofujii | 2017-09-10 16:21 | 2017年 | Comments(0)

<夕食>2017年、練馬区

d0304870_15275294.jpg
        本来、誰もが楽しいはずの夕食。
      大事な家族との団欒の時間。 どの家庭でもどんどん少なくなっている。

     街で見かけた老人の孤独な夕食に、心が痛む。


[PR]
by photofujii | 2017-09-05 15:32 | 2017年 | Comments(2)

2017年8月16日の靖国

d0304870_14561201.jpg

   毎年。異様な熱気に包まれる815日の靖国神社。一夜明けた16日の境内は、静かな上にも静か。

   湿った戦没者の霊に見つめられているように思えた。


[PR]
by photofujii | 2017-08-17 14:57 | 2017年 | Comments(0)

レッドライン

d0304870_14154054.jpg

トランプがアメリカ大統領になってから、レッドラインという言葉がニュースによく出てくる。
「超えてはならない一線」という意味らしい。デッドラインと同義語のようにも思える。
この頃、人間はこの一線を平気で軽々と超える。歯止めやけじめ・我慢なんて死語だ。
テレビで「ストップ詐欺被害」という番組をやっている。弱い人間から銭をむしり取ろうという了見だ。
政治も役所も企業も社会の日常まで、詐欺すれすれのところで動いている。まるで詐欺列島か。
そういえば昔、日本には「赤線」レッドラインという男の好きな場所があった。意味が違うか。
[PR]
by photofujii | 2017-07-08 14:18 | 2017年 | Comments(0)

自転車泥棒

d0304870_167834.jpg

先日、隣りの町を歩いていると「やめて下さい・植木ドロボー」と書いた板が掲げてあった。
それで自転車ドロボーが多いというニュースを思い出した。年間46000台以上が盗まれるという。
もちろん鍵ナシが多い。
「自転車泥棒」という、第2次世界大戦直後のイタリアを舞台にした映画があった。
名監督デ・シーカの傑作だ。
そのストーリーと共に、ひとつひとつのシーンを今でも鮮明に思い出す。
不愉快な事件が続く今、植木ドロボーの看板なんか気にも留めない人が殆どだろうが、
なにやら現代社会の殺伐と味気なさを表して充分だ。
日本には昔から花ドロボーのことを「花盗人・花ぬすびと」という美しい言葉まであったのに。
[PR]
by photofujii | 2017-06-16 16:11 | 2017年 | Comments(0)

音の社会学

d0304870_1641833.jpg

敏感に音が気になり反応する人とそうでない人がいる。
この頃、隣り近所や周りの生活音を気にする人が多くなったように思う。
私も日常生活で騒音が気になることが増えてきた。パトカーのサイレン、
物売りや宣伝カーの拡声器の大音量といくらでもある。
我が家から西方向に自衛隊の入間基地や米軍横田基地・立川には防災基地があり、絶えず軍用機やヘリコプターの爆音・エンジン音が聞こえる。これが結構うるさい。
特に北朝鮮のミサイル問題が注目される今、気のせいか特に頻繁になったように思える。
外からの音を聞き分けていると、今の世の中の情況が見えてくるように思えるのだが、考え過ぎだろうか。
そよ風や小鳥の声しか聞こえない日が、たまにはあってもいいように思えるのだが。
[PR]
by photofujii | 2017-05-19 16:44 | 2017年 | Comments(0)

ビルの上のアンテナ群

d0304870_20323590.jpg

先日、パスモのチャージをしようとして間違ったボタンを押してしまい、利用明細の記録カードが出てきた。
乗車・下車駅そして月と日付け約20日分が小さなカードに記録されている。つまり自分の行動が総てわかってしまう。
共謀罪・テロ法案が連日のようにニュースになる今、改めて思った。世の中、不必要などうでもいい情報が多過ぎる。
軍事情報の収集から国のプロパガンダ、個人・家族から位置情報、検索操作、フェイクと何がなんだかわからない。
空を見上げればビルの屋上に色々なアンテナが林立し、私のような年寄りには理解できない風景が出現している。
かなり前のことだがある軍事政権の国に旅した時、監視・密告社会を目の当たりにしたいやな記憶がある。
社会が規律・歯止めを失うと、俺はなにも悪いことはしていないから大丈夫だなどと云ってられなくなるかも知れない。
[PR]
by photofujii | 2017-05-06 20:34 | 2017年 | Comments(0)

卒業パーティー

d0304870_16391184.jpg

40年以上も前、安保闘争も学生運動も鎮まり、70年代後半の日本は経済目線まっしぐら。
何事も派手にやることが流行り、社会全体が熱に浮かされていた。
その頃の忘れられない記憶のなかに、女子大生の卒業パーティーがある。
金回りが良くなってきた世の中の気持ちを象徴するように、都心の豪華ホテルでドーンと派手なパーティー。
みんな舞い上がっていた。
卒業記念の海外旅行が当たり前になってしまった今、誰も驚く人はいないだろうが、
当時の私のびっくり仰天した気持ちは、今でも鮮明に覚えている。
[PR]
by photofujii | 2017-03-17 16:42 | 2017年 | Comments(0)

へび屋

d0304870_16191017.jpg

今、ジビエが人気らしい。野生動物の肉を食べることだ。
私も色々と食べてきた。ざっと思い出しても「熊・いのしし・鹿・クジラ・イルカ・雷魚・
ウミガメ・スッポン・へび」と切が無い。
大分前のことだが中国に行った時、地方の市場で食用に売っていたサルやゴキブリを見て、
さすが中国だと感心した。
私が育った下町の近所には、へび屋が何軒もあり漢方薬も扱っていた。
そのなかの一軒が生きた蛇を食べさせ、私もその店で食べたことがある。
ガラスケースの中にいる生きた蛇を取り出し、目の前で料理してくれる。
はっきりとは覚えていないのだが、肉は生か串焼き、皮と骨は焼いて食べ、
しぼった血はまだピクピク動いている心臓と共に焼酎に入れてグッと飲み干す。
一匹余すところなく食べられる強壮剤だ。
考えてみれば牛や豚の飼育を始める前、人間は野生動物を食べていたのだし、
人間も他の動物に食べられていたわけだ。
野生を失ってしまった人間も、食べることに関しては今も獰猛だ。
[PR]
by photofujii | 2017-03-10 16:23 | 2017年 | Comments(0)