カテゴリ:1950年代~’60年代の写真( 39 )

<面構え>1960年 大手町

d0304870_20185857.jpg

久し振りに平日の夕方、大手町を歩いた。

仕事帰りのサラリーマンが大半だが、皆黙々と歩いてなかにはこれから仕事先に出掛けるような人もいた。

私も一時期サラリーマンの経験をしたが、その頃は月給取りとも云われ、ちょっと哀愁を感じる言葉だった。

実際には個性的で不敵な面構えも多かった。

今は働き方改革だ派遣だ残業がどうのという時代、没個性になるのも仕方がないのかもしれない。

願わくは、風通しのよい生き生きとした職場であることを。


[PR]
by photofujii | 2018-09-18 20:20 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<不良少年とくそじじい>1960年 有楽町

d0304870_15201446.jpg

長い休みも終わりこの夏、中学生も高校生も多くの体験をしたと思う。

楽しいこと、切なく辛い思い出と色々あったろう。どちらにしても人生の貴重な体験には違いない。

私も高校一年の夏休み、酒とタバコをしっかりと覚え、立派に不良少年の気分。

お蔭で町内のオヤジ達からはさんざんの悪評、こちらも「くそじじいめ」と悪態をついていた。

今になれば笑いばなしだが、我々の仲間も皆んな普通の家庭人、子供の良き親になっている。

小生も立派な「くそじじい」である。


[PR]
by photofujii | 2018-09-13 15:20 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<水害>1958年 江東区

d0304870_20433975.jpg

今年は台風の当たり年、まさに千客万来という感じでありがたくない客だ。

東京の東部地域での水害に関するハザードマップ・災害予測地図が発表された。

この地域は大小の河川が縦横に走っている。江戸川・中川・荒川とあり、私もよく歩く。

広い河川敷と土手、頑丈な堤防と水門で守られているが、想定外となれば役に立たないという。

説明を聞いていると自分の身は自分で守れと云っているようにも受け取れる。

この地域は60年前とどれだけ情況が変わったのか。


[PR]
by photofujii | 2018-09-03 20:44 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<東京の水辺>1959年江東区

d0304870_21034911.jpg

最近の災害は桁違いだ。想定外と云ってしまえばそれまでだが、自然災害なのか人災なのか分からない。

昔、東京は「水の都」と呼ばれた。

住宅の目の前が天井川で水際、そんな環境で日常生活が営まれた町が、特に下町で多かった。

縦横に水路が走り趣もあったが時代と共に水質も悪化、

ちょっとした雨でも水害が発生、治水工事で「水の都」の姿も大きく変わった。

ほんの少し前の東京の話だ。


[PR]
by photofujii | 2018-08-03 21:04 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<平均寿命>1960年 台東区

d0304870_17483305.jpg

国の市区町村別の平均寿命が発表された。

そこには地域の経済や労働・風土特性まで想像できるデータが含まれている。

このデータからは短命の地域でさえ、私から見れば充分に長生きと思える。

此の頃は国民の健康志向からか、何でも数値で発表される。健康寿命だ介護支援だと何でも数字で線引きだ。

人生の最後は、数字に追いかけられずに生きたいものだ。


[PR]
by photofujii | 2018-04-22 17:50 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<東京オリンピック閉会式>1964年

d0304870_14452942.jpg

冬のオリンピックも閉幕。近頃はどこの大会も開会式・閉会式がますますド派手になってゆく。

国の政治や経済も絡み、素直に見られない時もある。スポーツの祭典とは程遠い。

50年前、復興期の東京での開催は東海道新幹線も直前に開通し、国民からも熱望された。

今、その時撮影した東京オリンピック閉会式のプリントを見て思い出すのは、

派手でも豪華でもなかったが、選手と客席との距離感がとても近く、素朴に心で結ばれていたように思う。


[PR]
by photofujii | 2018-02-26 14:45 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<労働闘争>炭鉱労働組合員 1960年

d0304870_16130202.jpg

180220「労働闘争」炭鉱労働組合員 1960

今年も恒例の春闘がスタートした。労使双方に緊張感もないし、いつもの年中行事という感じだ。

我々が若かった戦後、労働運動は生活を守る大事な闘いだったし、組合運動で人生が変わった人もいた。

ゼネラルストライキは全労働者と総資本との対決で、社会全体が見守った。

今の労働組合は労使協調、まるで御用組合だ。

大企業の組合は自分達を守るだけで、中小企業や非正規・契約社員とは連携しない。

日本人の好きな言葉「絆」はどこにいったか。


[PR]
by photofujii | 2018-02-20 16:14 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<オリンピック余聞>1961年 東京改造風景

d0304870_21362338.jpg

ニュースは連日オリンピック一色。しかし開幕前の北朝鮮と韓国、オリンピック委員会の政治がらみの大騒ぎで嫌気がさし、肝心の競技を見る気がなくなってしまった。

あまりに露骨な政治・経済・金まみれだ。

最近の大会はみなそうだし、次の東京大会もそう見える。

50年前の東京大会。

安保闘争の余燼も消え新幹線も開通し、古い町並みが急激に壊され改造された東京。

そんな変化に我々は希望を抱いた。

今のオリンピックの姿から、若者たちは夢や希望を見ることが出来るのだろうか


[PR]
by photofujii | 2018-02-15 21:37 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<牧場・まきば>1962年・岩手県

d0304870_14313433.jpg

動物福祉畜産という言葉を聞いた。狭い屋内から草原に出し家畜をのびのび育てることらしい。

ストレスなしで育ったニワトリは良い玉子を産むし、健康な豚の肉は美味しい。

一時期、効率よく大きく育てようと、豚もニワトリも身動き出来ない狭い檻に入れられ餌さばかり食わされた。

どこに行っても不健康な肉や玉子を食わされた記憶がある。

動物福祉で家畜たちが遊ぶ新緑の明るい牧場風景が目に浮かぶ。

どっちにしても牛も豚もみんな人間に食われてしまうのだが。


[PR]
by photofujii | 2018-01-20 14:32 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

<大売り出し>1962年 銀座

d0304870_10142735.jpg

年末年始の安売りを昔はバーゲンセール、今は洒落てクリアランスセールなどと云って楽しんでいるが、

やってることは同じ。

我々の子供時代、家庭を預かる女性たちは生活に直結するものを安く手に入れようと、

バーゲンセールは戦場だった。

時代が違うよと云われそうだが、社会のタガが緩んでいる今、

ピンと気を張って生きたあの頃の空気を思い出す。


[PR]
by photofujii | 2018-01-11 10:15 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)