カテゴリ:2000年代( 38 )

<都会の静寂>2018年 練馬区

d0304870_16065645.jpg

歳をとると、今まれ気にならなかったことが気になってくる。私の場合は特に光と音だ。

ビルの反射光や前方からの強い光線、気にならなかった音が雑音・騒音になる。

軍用機やヘリコプターのエンジンの音、パトカーや救急車のサイレン、車や建設現場の音と、

なにかの音が途切れることはない。それが都会の活気・活力なのだろう。最早、都会で静寂など望むべくもない。

近所を散歩していたら、小さな赤い風船が道で揺れていた。

どこから飛んで来たのか、風船の周りにだけ静寂が流れているような気がした。


[PR]
by photofujii | 2018-12-09 16:07 | 2000年代 | Comments(0)

<哀愁の駅前食堂>2018年 杉並区

d0304870_21373789.jpg

近くの町を歩いていたら食堂と書いた看板を見つけ、急に懐かしさが込み上げてきた。

仕事で一人旅の多かった私は、よく駅前食堂に入って食べた。

みそ汁と漬物つきの日替わり定食、さば味噌・野菜炒め・焼き肉・肉じゃが・カキフライなどなど、お馴染みの定食でひとり酒、

列車の音を聞きながらノスタルジーに浸ったものだ。

今は地方の駅前にもチェーン店があって東京と変わらない。

遠い時代の思い出だ。


[PR]
by photofujii | 2018-11-24 21:38 | 2000年代 | Comments(0)

 <国民的グルメ食>2018年池袋

d0304870_20403312.jpg

我が町の駅前に「焼きそば・たこ焼き・今川焼き」の店があり、これを若い店員が一人でやっている。

いつも楽しい気分でその店の前を通る。池袋にも「ラーメン・たい焼き」の古くからの店がある。

私は北から南まで日本列島ずいぶん歩いてきたが、どんな小さな町や漁村の食堂でも、味の心配をせずに頼めるものがあった。

それは「かつ丼・カレーライス・中華そば」私の持論だ。

その地方その店特有の味が出来上がっていて、決して期待を裏切られたことがない。

日本人にノスタルジーを感じさせる、至福のグルメだ。


[PR]
by photofujii | 2018-11-19 20:41 | 2000年代 | Comments(0)

<食欲と古書の街>2018年 神保町

d0304870_16284271.jpg

久し振りに神保町を歩いた。この町に長いこと事務所を置いていたので、自分の縄張りのように思える。

変化の激しい都心でも、ここは一部の再開発地域の他は変わらない。

懐かしい路地の奥にはよく通った飲み屋も食堂も健在だし、商店も元気だ。

丁度この日は古本祭りだった。私は教科書は読まなかったが、読書は好きだった。古書の匂いには色々な思い出がある。

変わらぬ神保町は東京でも貴重で大切な町だ。なにやらホッとした一日だった。


[PR]
by photofujii | 2018-11-13 16:29 | 2000年代 | Comments(0)

<国民性>2018年 新宿

d0304870_21024031.jpg

久し振りに外出したら、駅のエスカレーターの手摺りに「抗菌」という文字がペタペタ貼ってあった。

びっくりしながらも、とっさに外国人観光客のための「おもてなし」の準備かとも思ったが、しかし日本語だ。

これは日常の通勤客や乗客の為のものだと思い直した。私も綺麗好きだがこれには驚いた。

健康だ長生きだ清潔だと、日本人は益々エスカレートしてゆく。どこまでゆくのだろう。


[PR]
by photofujii | 2018-11-08 21:03 | 2000年代 | Comments(0)

<化ける>2018年 新宿

d0304870_20421121.jpg

テレビも新聞もハロウィーン騒ぎで大変だった。

ゾンビや化け物みたいな顔で溢れていたが、考えてみると日常のなかでも此の頃はあんな顔や化粧が多い。

頭のてっぺんから足の爪先まで忙しい。

だから気の弱い私でさえ、少々のことには驚かなくなってしまった。


[PR]
by photofujii | 2018-11-03 20:43 | 2000年代 | Comments(0)

<刺青>2018年 原宿

d0304870_09501891.jpg

オリンピックまでに外人観光客が増えることで、どこでも準備と対応に忙しい。

温泉や銭湯での入浴で、外人に多い入れ墨対策もそのひとつだ。

日本では昔から前科者の印として顔や腕に墨を入れられたり、遊び人が絵や文字を体に彫り込んだ。

どちらかといえばマイナスイメージが強い。

一方外国ではタトゥーといって、美術や芸術としての位置付けも定着している。

昔は彫りの技術の高さから、わざわざ日本に刺青を彫りに来る外国人もいた。

これから色々なお国柄が見られて面白そうだ。


[PR]
by photofujii | 2018-10-25 09:51 | 2000年代 | Comments(0)

<新しい家族>2005年頃 江戸川区

d0304870_20325305.jpg

家事をする若い既婚の男性が、少しずつではあるが増えているらしい。良い傾向だと思う。

夫婦共働きが多いし、子育て・通学・通園・料理・洗濯とやる事は多い。

生き方・家族の在り方の考えも、古い人間の我々とは全然違う。

私も今まで多少まわりとは違う考え方で生きてきたので立派な事は云えないが、

タブーや常識は破った方が良いと思った時の方が多かった。

元気な現代の若い人たちに、新しい社会の変革を期待したい。


[PR]
by photofujii | 2018-10-19 20:34 | 2000年代 | Comments(0)

<流行り物>2010年豊島区

d0304870_21211033.jpg

健康で長生きは共通の願いだ。

それにしても驚くのはテレビや新聞で見る、サプリメントの広告の多さだ。

健康や栄養補助剤と食品・クスリの広告が、これでもかとばかりに番組や紙面を占領している。

健康は誰でも望むが今の深刻な社会、クスリで長生きが幸せとばかりは言えないのではないか。


[PR]
by photofujii | 2018-10-14 21:21 | 2000年代 | Comments(0)

<煙が目にしみる>2005年頃 足立区

d0304870_21095030.jpg

181009「煙が目にしみる」2005年頃 足立区

昔の話しだが我々が若かった頃、ザ・プラターズというアメリカの人気グループが歌ってヒットした

「煙が目にしみる」という曲があった。

町を歩いて銭湯のエントツと煙が見えると、いつもその頃の自分とそのメロディーを思い出すし、

「神田川」という曲も思い出す。

災害の心配や老朽化で少なくなったが、銭湯のエントツは町のランドマークでもあった。

懐かしい町の風景がどんどん変わってゆく。


[PR]
by photofujii | 2018-10-09 21:10 | 2000年代 | Comments(0)