2018年 03月 08日 ( 1 )

<奨学金>2018年 新宿区

d0304870_15503893.jpg

大学がある町を歩いていると「学生ローン」の看板が、表通りでやたら目に付いた。

今に始まったことではないが、社会人になった若者や学生の奨学金返済が大変らしい。

高額の返済金で、本人や家族・保証人の自己破産が急増している。

我々の時代にも学費が払えず、いつの間にか退学した友達がいた。

学生ローンでいえば、その時代は路地裏の一角に学生ローンの店がぎっしりあって、

学生生活の急場には助かったし、質屋も多かった。

今、大学や専門学校への進学率が8割を超す。

その進学のために自己破産するなんて、なんのための学歴なんだと思う。

実力主義と口先だけで云っても、結局何も変わらない肩書き主義が若者にはわかっているからだ。


[PR]
by photofujii | 2018-03-08 15:52 | 2000年代 | Comments(0)