人気ブログランキング |

<蝉>2019年 練馬区

d0304870_16041834.jpg

気のせいか、今年はセミの声を聞くのが遅かったように思う。

セミは長い間地中にいて、地上に出てくると一週間ぐらいしか生きられないと云われ、はかなさや生きる無常の代名詞のようになっている。

昆虫好きの若者が追跡調査したところ、実際には2週間から4週間ぐらいは生きるという結果が出た。

それでも命のはかなさに変わりはないが、昆虫好きのマニアックな調査は微笑ましい。

人は誰でも、好きなことに集中できれば生きてゆくのが楽しいし、人生も豊かになる。


by photofujii | 2019-09-03 16:05 | 2019年代 | Comments(0)
<終わりの夏>2019年 練馬区 >>