人気ブログランキング |

<夏休みにある現実>2019年中野区

d0304870_10102236.jpg

夏休みを十分に楽しんでいる元気な子供たちの姿を見るのは嬉しい。一方で切実な現実に直面している子供もいる。

夏休みで学校給食がない間、満足に食事が摂れない児童がいる。夏休みが終わり痩せた姿で学校に来る子供の姿がある。

支援団体や自治体が、必要な家庭に食料を送るフードバンクという取り組みをしている。

一般の家庭で余った食料を集め分配するという、云わばお裾分けの精神だ。

それで助かる子供や家族がある。物が有り余る一方で、極端にない所がある現実。

私の子供時代、敗戦直後で満足に食べた記憶がない。だから子供たちの気持ちは分かるつもりだ。

夏休みが終わった教室で、日焼けして真っ黒になった子供たちの元気な笑顔を見てみたい。


by photofujii | 2019-08-05 10:11 | 2019年代 | Comments(0)
<< <夏休みの宿題>2019年 中野区 <成長の夏>2019年 中野区 >>