<東京の水辺>1959年江東区

d0304870_21034911.jpg

最近の災害は桁違いだ。想定外と云ってしまえばそれまでだが、自然災害なのか人災なのか分からない。

昔、東京は「水の都」と呼ばれた。

住宅の目の前が天井川で水際、そんな環境で日常生活が営まれた町が、特に下町で多かった。

縦横に水路が走り趣もあったが時代と共に水質も悪化、

ちょっとした雨でも水害が発生、治水工事で「水の都」の姿も大きく変わった。

ほんの少し前の東京の話だ。


[PR]
by photofujii | 2018-08-03 21:04 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)
<< <お盆休みの苦行>2000年頃有楽町 <定番の夏休み>1992年上野動物園 >>