<ひとり暮らし>2011年 足立区

d0304870_16241633.jpg

いつの時代でも社会の歪みを真正面に受けるのは老人と子供、特に近頃は老人の周辺で深刻な情況が多い。

自立支援施設の火災事故や老巧化した住宅からの退去の強制、犠牲になるのは生活困窮の老人ばかり。

しかし経済的に豊かな老人が必ずしも幸せとは限らない。

家族と暮らしていても心の交流がなければ、これも孤独なひとり暮らしと変わりはない。


[PR]
by photofujii | 2018-02-05 16:24 | 2000年代 | Comments(0)
<< <生きてゆく恐怖>2009年 荒川区 <心の風景>2008年 向島 >>