「働く学生」1961年・新宿

d0304870_16195171.jpg

経済的に恵まれない家庭の若者が大学や専門学校に進学すると、

学費や生活費の7割を奨学金に頼らざるを得ないという調査結果がある。

毎日の長時間アルバイト、卒業しても高額で長期の奨学金返済と、苦しい生活が続く。

私の学生時代には学園紛争や安保闘争があった。今の学生に社会問題へ目を向ける余裕などあるだろうか。

貧富の差が二分された社会構造、若者に未来への希望を失わせているような気がしてならない。


[PR]
by photofujii | 2017-11-30 16:21 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)
<< 「元気な町」2012年葛飾区 「ホームレスという生き方」20... >>