一強

d0304870_17112272.jpg

近頃よく使われる「一強」と同義語に「断トツ」という言葉がある。「ぶっちぎり」の強さを指す。
良い意味に使うことが多かったが、この頃はそうとばかりは云えない。
国の政治だったり、業界の力関係だったり、あるいは子供の遊び仲間での勢力図だったりと色々だ。
それぞれの世界で軋みが出て深刻な事になる。特に国の政治では困る。
このスナップショットは30年も前に撮ったものだが、まわりの乗客は我慢に耐えておとなしくしていた。
その頃は車内でよく見かけた風景だ。今でも時々目にするが、乗客同士のケンカにもなる。
世の中ギスギスして自己中心になり、ますます生きにくい日常だ。
まわりの人への想像力が少しでも働けば、もっと穏やかな日々を送れるように思えるのだが。
[PR]
by photofujii | 2017-06-30 17:15 | 1990年代 | Comments(0)
<< レッドライン パフォーマンスの選挙 >>