400年の技術

d0304870_16423677.jpg

久し振りに上野公園を歩いた。桜の頃にいつも見上げる五重ノ塔が繁った葉の向こうに見えた。
400年ばかり前に建てられた塔は、多少の修理はあったにせよ今でもビクともしない。
その偉容・存在感と共に、当時の宮大工をはじめとする人々の技術の高さが強く感じられる。
それで思い出したのだが、東北震災での原子力発電所の廃炉で出る放射性廃棄物は、電力会社が300年から400年間管理する。更にその後、国が10万年間掘削を制限する。
ニュースでこう云っていたのに驚いた。
来年どうなっているかもわからないような今の時代に、
400年後・10万年後に処置しなくてはならないような危険物を作り出す。
現代の先端技術とはこういうものなのか。
まるで悪夢のようなオトギバナシだ。
[PR]
by photofujii | 2016-09-16 16:47 | 2016年 | Comments(0)
<< 身元不明 異常 >>