人気ブログランキング |

都電が走る商店街

都電荒川線の沿線を久し振りに歩いた。
この沿線の多くは下町を走り、車窓からは懐かしい景色も見える。
この頃は線路のすぐ近くまで、建設現場が迫る所もある。
沿線の町の雰囲気は、これからどんどん変わってゆくだろう。
それでもタイムスリップしたような情景が次ぎから次へと、まるで走馬灯のように移ってゆく。
小さな商店街や、それに続く低い屋根の静かな街並みと日常の生活。若い人にも心和む風景だろう。
未来の変化は変化として、絶妙のバランス感覚があればそれで良し。
つまり私たち日本人の美意識が試されるところでもある。
レトロの代表のような都電が、ビルだらけの町の谷間を走る姿、今は想像したくない。
1
d0304870_1563973.jpg

2
d0304870_1571567.jpg

by photofujii | 2016-01-29 15:09 | 2016年 | Comments(0)
<< 駅前風景 公衆電話の温もり >>