基地の町の空は

そよ風と青い空に誘われて、東京の西郊を歩いてきた。
久し振りに、心地よい汗をかきながらゆっくりと歩いた。そして驚いた。
私が歩いた2日間共、米軍と自衛隊の飛行機が頭上を何度も飛んでいった。
考えてみれば福生には米軍横田基地、狭山には自衛隊入間基地がある。
見ていると、離着陸の前後に大きく旋回するので、離れている所でも頭上を
飛ぶことになる。それに音も相当なものだ。
私の住む23区の西の地域でも、おそらくこれ等の基地からの戦闘機や輸送機・
ヘリコプターが毎日屋根の上を通る。音が気になる時もある。
先日、このふたつの基地の間にある所沢市の公立の学校に、
騒音防止のため教室にクーラーを入れるかどうかで、住民投票があった。
基地の町に生活する人が、そこで何年暮らしたからといって、
あの強烈なエンジン音に馴れるわけもない。
1
d0304870_12345329.jpg

2
d0304870_12353389.jpg

[PR]
by photofujii | 2015-05-07 12:37 | 2015年 | Comments(1)
Commented by Iwanori at 2015-05-14 14:29 x
青空に泳ぐ鯉のぼりを眺めてのどかな気持ちになっていましたが、横田基地にオスプレイ配置というニュースにビックリ、騒音はさらにひどく空は戦争、
物騒できけんとなりました。数年前に座間近くの職場にいた時爆音に悩まされました。そこに住む方々の大変さを痛感しました。
<< 懐かしい祭りの風景 木賃アパートとワンルームマンション >>