新しい町・生活の匂い

町が一新されたと聞いて、久し振りに日本橋室町の周辺を歩いてみた。
この辺りは、高校時代に入り浸った喫茶店があったので結構詳しいのだが、驚いた。
まったく知らない町に行ったようで、妙な気分になった。
昔は、人家と商店その間に事務所が並び神社があり、東京の中心部ではあったが、
生活感・生活の匂いがあった。
今は、細い道に入ると摩天楼の中を歩いているような気分になり、
表通りに出ると観光地にいるような気分になる。
あまり町の匂いがない。
それでも取り残されたように古い商店があり、まだこの町の姿は変わってゆくのだろう。
東京は変わり続けてゆく都市だし、これからオリンピックもある。
どんな姿になってゆくのか。
これからも新しい町の噂を聞きつけたら、軽佻腰軽るな私としては、
楽しみに出掛けようと思う。
そして、未だ変わらない古い町にも。
1
d0304870_16352194.jpg

2
d0304870_1636091.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-09-12 16:38 | Comments(0)
<< 街角の光陰 駅頭の眺め >>