ロボットと生きる時代

ヒト型ロボットが実用の段階に入ったらしい。
ロボットベンチャーも上々の人気だ。
私は科学知識ゼロの門外漢だ。
医療・介護から労働作業、孤独を癒すものまで今、バラ色の未来が語られている。
はたしてそうだろうか。
すでに軍事利用された技術で多くの血が流されている。
人間以上の能力を持ったロボットが出来れば、考えることも働くことも奪われた人類はどうするのだろう。
戦争もロボット同士の戦いで、その時のお互いの標的はロボットなのか人間なのか。
ある瞬間に宇宙からの衝撃波でロボットの頭脳が変化し、
一斉に人間に向かって攻撃してくることだって考えられる。
これはもう空想の世界とばかり云つてはいられない。
果てしない欲望の魔力から抜け出せなくなった人類。
我々が開けたパンドラの箱には、もう何も残ってはいないように思える。
d0304870_1703797.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-06-12 17:02 | Comments(0)
<< 見世物小屋が懐かしい 十条・懐かしい町 >>