老人パーワー・巣鴨

久し振りに、おばあさんの原宿・巣鴨を縁日の日に歩いた。
どこからわいて現れたのかと思うほどのおばあさん軍団。
たまに遠慮しながら歩いているおじいさんを見つけると、これはもう絶滅危惧種という感じ。
とげぬき地蔵へ願掛けすると、門前の商店や露店へと繰り出す。
これが又、おばあさん専用の日常品・嗜好品、食べ物も必要な量だけと
お店も工夫と努力をしている。
一休みにと入った食堂でも、若い店員が老人客にゆっくりとわかりやすく、丁寧に接している姿。
感心して思わず見とれてしまった。
今では、先ず見られない接客の姿だ。老人の方も慌てずに和やかな顔をしている。
一人で杖をついて休みながら、やっと来たよいうような年寄りが何人もいるが、
この町は、おばあさんにとって穏やかな心と希望をもらえる所なのだろう。
帰り道、ふと思った。おじいさんの原宿はどこにあるのだろう。
1
d0304870_17202222.jpg

2
d0304870_1721041.jpg

3
d0304870_17214488.jpg

4
d0304870_17222624.jpg

5
d0304870_17232741.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-05-10 17:24 | Comments(0)
<< 基地と共存する町・福生 子供の日 >>