何か変わったか

先日の冬に戻ったような寒い日、都心の川沿いの道を歩いた。
見晴のよい広場に出ると、大勢の人が何かを待っているように佇んでいた。
老人から若者、荷物を抱えた人、手ぶらの人と様々。
と、皆一斉に同じ方向へ歩きだした。結構速い足取りだ。
広場の奥を見てようやくわかった。
支援団体の人たちが炊き出しの準備をし集まった人達に食事を用意していた。
こういう情景は今まで何度も見てきたし今も続いている。
少し前のことなどすっかり忘れて、株が上がった消費税だと
マスコミも声を張り上げて騒いでいるし、悦に入っている人もいる。
だからどうしたと云われればそれまでだが、誰だってそういう状況になりたくて
なったわけじゃない。
身の上が少し変われば誰でも同じ状況になるのが今の社会だ。
毎日の暮らしのなかで、そういう生活者がいる現実を、ほんの少々頭の隅に入れておく
だけで、世の中の空気も違ったものになるのではないか。
本当に何か変わったのか。
1
d0304870_17141659.jpg

2
d0304870_17151220.jpg

3
d0304870_17155083.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-04-19 17:17 | Comments(0)
<< ひとりで生きる時代 企業戦士が元気だった頃 >>