企業戦士が元気だった頃

4月になると、急に新人の姿が街で目につく。
新入社員・新入生と、その姿を見ている
こちらも何となく明るい気持ちになる。でもすぐに思い直す。
新人たちの一年後はどうなっているだろう。
小中学生のこれからの受験戦争も。
ま、余計なお世話なのだが。
それで思い出したが、もう50年以上も前、
丸の内でサラリーマンの顔を撮影したことがあった。
そう思ってみればだが、今のサラリーマンの顔とは微妙に違ったような気がする。
私も一時は企業にいた人間だから分かるのだが、その時代は、よっぽど個人的な
落ち度でもないかぎり、会社を首になることなどなかった。
終身雇用という制度が、企業戦士たちに落ち着きと自信と安心を与えていたのではないか。
今のような過酷な雇用状況のなかで、新入社員たちはこれからどんな顔になってゆくのだろうか。
ふと、そんなことを思ってみた。
1
d0304870_17164048.jpg

2
d0304870_17171930.jpg

3
d0304870_1718029.jpg

4
d0304870_17185350.jpg

5
d0304870_17193939.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-04-11 17:21 | Comments(0)
<< 何か変わったか 集団的自衛権で思い出したこと >>