見てきた情景・東京の80年代

大量消費時代の幕開けだったように思う。コンピューターの普及も加速し、
ディズニーランドがオープン、サラ金が大流行。日航ジャンボ機の墜落の他にも
悲しい事件があったが、全体として時代の雰囲気は、浮ついて地に足の着かない
ような世の中だった。
80年代末はバブルの絶頂期、私自身には他人事のように思え、
こんなことは長く続くわけがないという気持ちだった。
そして、日本では昭和天皇の時代が終わり、世界ではドイツ・ベルリンの壁崩壊、
中国・天安門事件と、少しずつ時代が動いてゆくように感じた。
1 池袋にて
d0304870_2141461.jpg

2 路上のパフォーマンス
d0304870_2153586.jpg

3 皇居前、昭和天皇との別れ
d0304870_216502.jpg

[PR]
by photofujii | 2014-03-14 21:08 | Comments(2)
Commented by 渡邊リカルド at 2014-03-18 12:19 x
昭和の時代の生き証人!最近は戦争のこと話してもわからない人が多いね!
Commented by photofujii at 2014-03-18 20:05
話せばわかる若者も出てくるよ。
<< 見てきた情景・東京の90年代 見てきた情景・東京の70年代 >>