東京・番外編「食材偽装で思ったこと」

よくもまあ、いけしゃあしゃあと出てくるわ出てくるわ、開いた口がふさがらないとはこのことだ。
自称グルメもこけにされたものだ。
私も偽装で名前が出た店で悦に入っていたのだから世話はない。
老舗のホテルやレストランが訳の分からない言い訳をしているが、これはもう確信犯であり詐欺だ。
私は長い年月、日本の四季の海と人の生活を撮っいる。
一人ひとりの漁師さん達は、文字通り板子一枚下は地獄というなかで漁をし、生計をたてている。
その命がけの努力とよろこびさえ信用されなくなってしまう。
今、「美しい国・日本」に嘘と誤魔化しが充満している。
それに対する我々の感受性もだいぶ麻痺してきた。
ブランド好きも極まったということか。

日本の海で頑張って生きています
1
d0304870_15391130.jpg

2
d0304870_15395477.jpg

3
d0304870_15403964.jpg

4
d0304870_15412545.jpg

5
d0304870_1543132.jpg

6
d0304870_15435782.jpg

7
d0304870_15443983.jpg

[PR]
by photofujii | 2013-11-24 15:46 | Comments(3)
Commented by 渡邊リカルド at 2013-11-26 16:13 x
貴君のコメント通り、本当におかしな世の中です。どこもかしこも何も無理をしなくていいのに!昔の魚屋と八百屋の体制に戻しましょう。
Commented by photofujii at 2013-11-27 17:28
まだ、その気力と体力は残っているかね??
Commented by 渡邊リカルド at 2013-11-28 12:27 x
実際には、もうほとんど残っていまませんね!でも、出来るだけ、魚屋と八百屋、豆腐屋、肉屋で買っていますよ。
<< ここも東京・五日市 浅草・酉の市・人模様 >>