下町の元気老人たち・おじい篇

ひと昔まえ、我々の若い頃のことだが、背筋をぴんと伸ばし前をむいて、
毎日を真っ当に暮らしている年寄りが下町には多かった。
職人だったり商店だったり、みな地味な暮らし振りではあるが、そういう人たちが
町の主役だった。
一日の仕事が終わり、銭湯でひと風呂あびて夕食、それから町内の飲み屋に繰り出す。
いつもの仲間と今日一日の話。
そこへ運悪く我々が店に入る。しまったと思った時にはもう遅い。
おい、ちょっとそこに座れとくる。
延々といつもの説教だが、経験に裏打ちされた話は面白く、我々も聞く耳を持った。
今となっては、楽しい思い出だ。
1 浅草
d0304870_1915346.jpg

2 三ノ輪
d0304870_19162851.jpg

3 上野
d0304870_19171893.jpg

4 鳥越
d0304870_19182342.jpg

5 浅草
d0304870_19193369.jpg

[PR]
by photofujii | 2013-09-21 19:21 | Comments(2)
Commented by リカルド at 2013-09-25 17:06 x
昔の人はいい顔してるね。戦前戦後を生きてきた矜持が感じられる。もう見られなくなるかも!こういう写真!ありがとう!
Commented by photofujii at 2013-09-28 10:35
我々もこの年頃に近づいてきました。自分たちの顔は・・どうだろうね??
<< 懐かしの終身雇用 下町の元気老人たち、おばあ篇 >>