盆踊りの白いゆかた

小学生の頃、8月になると夏休みの宿題もそっちのけで、近くの町内で毎晩のように続く
盆踊りに熱中した。
自分が踊ったことはない。
もっぱら見学だけだった。
隣町やクラスのマドンナが踊りの輪の中から自分の目の前にくると、胸がドキドキした。
ただそれだけで充分楽しかった。
夜の光のなかで見るゆかた姿。
特に白地に藍色で柄を染めたゆかたは、女性をきりっとした美しさに見せた。
最近のゆかたは色も柄もなんでもあり。
私にはとてもゆかたとは思えない。
太鼓の音色と音頭に合わせて踊る白地に藍のゆかた姿、もうほとんど夢心地。
踊る阿呆に踊らぬ阿呆、同じ阿呆なら踊らなくてはつまらない。
皆さん、大きな輪になって踊りましょう。
撮影地は台東区浅草
1
d0304870_2035254.jpg

2
d0304870_2037211.jpg

3
d0304870_203986.jpg

4
d0304870_2040055.jpg

5
d0304870_20403931.jpg

[PR]
by photofujii | 2013-08-02 20:40 | Comments(0)
<< 靖国の8月15日 街角で日々の平穏を願う >>