街角で日々の平穏を願う

朝起きると、お日様に向かって挨拶する。
いつの間にか私の習慣になっていた。
知らない町を歩いていても、小さな祠や石仏があると頭を垂れる。
こうすると心が穏やかになり、落ち着いた気持になる。
私には信仰心などないし、ガキの頃は、神社の鳥居に平気で小便をしてよく怒られていた。
そう思ってみると、日本中どこへ行っても町や村の道端に、お地蔵さまやお稲荷さんの祠や石仏がある。
都心の繁華街にも多い。
人は一瞬そこに立ち止って心の平静を求め、家族や知人の平穏を願う。
これは信仰心とは違うものだ。
明日のことも分らない今の社会。
目に見えないなにかや自然の力に身を預けて、一日の無事を託す心の表れのように
思える。毎日、気持を込めて掃き清められた街角の祠。
護っているご近所、庶民の心意気が手にとるように分る。
都会にある気持のよい風景だ。
1墨田区
d0304870_18165858.jpg

2 墨田区
d0304870_18211777.jpg

3 北区
d0304870_1823124.jpg

4 足立区
d0304870_1824111.jpg

5 足立区
d0304870_18245635.jpg

6 文京区
d0304870_18255189.jpg

[PR]
by photofujii | 2013-07-27 18:28 | Comments(2)
Commented by 渡邊リカルド at 2013-07-28 23:23 x
面白いですね!これ何年ごろの撮影ですか?
Commented by photofujii at 2013-07-31 20:01
それ程古いものではありませんよ。古いもので4,5年前位でしょうか。
<< 盆踊りの白いゆかた 銭湯の煙突は町のランドマーク >>