卒業パーティー

d0304870_16391184.jpg

40年以上も前、安保闘争も学生運動も鎮まり、70年代後半の日本は経済目線まっしぐら。
何事も派手にやることが流行り、社会全体が熱に浮かされていた。
その頃の忘れられない記憶のなかに、女子大生の卒業パーティーがある。
金回りが良くなってきた世の中の気持ちを象徴するように、都心の豪華ホテルでドーンと派手なパーティー。
みんな舞い上がっていた。
卒業記念の海外旅行が当たり前になってしまった今、誰も驚く人はいないだろうが、
当時の私のびっくり仰天した気持ちは、今でも鮮明に覚えている。
[PR]
# by photofujii | 2017-03-17 16:42 | 2017年 | Comments(0)

へび屋

d0304870_16191017.jpg

今、ジビエが人気らしい。野生動物の肉を食べることだ。
私も色々と食べてきた。ざっと思い出しても「熊・いのしし・鹿・クジラ・イルカ・雷魚・
ウミガメ・スッポン・へび」と切が無い。
大分前のことだが中国に行った時、地方の市場で食用に売っていたサルやゴキブリを見て、
さすが中国だと感心した。
私が育った下町の近所には、へび屋が何軒もあり漢方薬も扱っていた。
そのなかの一軒が生きた蛇を食べさせ、私もその店で食べたことがある。
ガラスケースの中にいる生きた蛇を取り出し、目の前で料理してくれる。
はっきりとは覚えていないのだが、肉は生か串焼き、皮と骨は焼いて食べ、
しぼった血はまだピクピク動いている心臓と共に焼酎に入れてグッと飲み干す。
一匹余すところなく食べられる強壮剤だ。
考えてみれば牛や豚の飼育を始める前、人間は野生動物を食べていたのだし、
人間も他の動物に食べられていたわけだ。
野生を失ってしまった人間も、食べることに関しては今も獰猛だ。
[PR]
# by photofujii | 2017-03-10 16:23 | 2017年 | Comments(0)

認知症社会

d0304870_20463198.jpg

近頃、高齢者の運転事故が激増している。子供や若い人が巻き込まれることが多い。
そこで免許更新時に認知症診断をするという。自動運転の技術開発も進んできた。
それでも事故がなくなるわけではない。
戦後のカーブーム時代からズッと運転してきた人が、
高齢になったからといってピタリと車を手放すわけがない。
日常の生活環境も激変し、クルマがなければ生きてゆけない高齢社会になった。
この廃車の山は、40年以上も前に撮ったものだ。
クルマ社会が始まったその頃、
旅の途中で汽車の窓からこんな風景がどこに行っても日本中で見られた。
問題が起きると慌てて騒ぎ、対策が後手にまわるのが我々のお国柄だ。
今、「死ぬまで現役」などともてはやす社会の雰囲気のなかで、
国や役所・企業や専門家は、高齢者ドライバーの多発事故は予想が出来たのではないか。
それとも世の中全体で認知症が進んでいるのか。
[PR]
# by photofujii | 2017-03-04 20:51 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

ギャンブラー

d0304870_16103442.jpg

家の前にポツンと競輪の車券が落ちていた。
50年前、川崎・鶴見・松戸と競輪場にはよく通ったので懐かしい気がした。
私はあまり賭けたことは無いが、競輪場独特の雰囲気が好きでよく通った。
競艇・オートレースなども同じで、あの荒んで殺伐とした感じがなんともいえず好きだった。
この頃の競馬場はお洒落で上品になり、馬券を投票券などと云うらしい。
どう云ったところで賭博であり博打に変わりはない。ギャンブル依存症は500万人以上という。
私の知人に、マージャンで負けが込み家族を捨てて行方不明になった男もいる。
今、カジノリゾート法を推進しようと国会で騒いでいる。
そうじゃなくとも、パチンコ・パチスロとなんでもあるのに。
[PR]
# by photofujii | 2017-02-24 16:14 | 1950年代~’60年代の写真 | Comments(0)

絵馬に見る世相

d0304870_16251798.jpg

絵馬に個人情報の保護シールを貼る神社があるらしい。
ツイッターなどで個人の願い事を流されないかと、奉納した人が心配するという。
なるほどとも思ったが、なにか違和感がのこった。
これはもう絵馬ではないし、単にシールを貼り付けた板切れだ。
下町生まれの私は、絵馬のある風景を生まれた時から見てきた。
たしかに他人の秘密を覗き見するという側面もある。
しかし、絵馬を見ることで知らない人の思いや悩みに共感したり、心に触れることも出来る。
保護シールなど貼らなくとも奉納する人の書き方ひとつで、
個人情報の感じもうすまるのではないか。
社会にもう少し心のゆとりがほしい。
[PR]
# by photofujii | 2017-02-17 16:27 | 2017年 | Comments(0)